消費者金融という呼ばれ方

今現在、テレビ等の媒体で一般的に消費者金融と呼ばれていますが、世代によってはこの消費者金融の事を「サラ金」と呼ぶ人もいます。ちなみに消費者金融とサラ金、どう違うかというと全くもって意味は同じで、つまり、どちらでも通ってしまうと言う事になります。このサラ金と呼ばれていたものが、いつから消費者金融と呼ばれるようになったのか、これについて説明していきたいと思います。

 

まず消費者金融が出来たきっかけとして、融資が銀行の商品で且つ一般人向けのものでなかった時代に少額のお金を利息をつけて融資する事で大きくなった事がきっかけで当時の時代背景から「団地金融」や「サラリーマン金融」と呼ばれる様になり、そのサラリーマン金融が世に言うサラ金として一般的に知れ渡る様になります。

 

やがてそのサラ金の強引な取り立てが社会問題となり、国会でもその問題について取り上げられる様になると、そういった業者の多くはその「サラ金」と言う呼称を嫌う様になっていきます。そしてそれに変わり考え出された呼び方がその「消費者金融」と言う訳です。

 

その「消費者金融」と言う呼ばれかたも現在となっては一般的に知れ渡ってきたものの、やはり「サラ金」呼ぶ人も多いのが現状の様です。
消費者金融にも様々なタイプがあり、審査が少し異なるダイレクトワン審査の消費者金融融資もあります。